LIFE STYLE BOOK[ ハンドメイドのある暮らし ]

何に憧れますか? / Lingo・Light

Lingo(リンゴ)・Light(ライト)

ずっと憧れていたこと

こんにちは。
LightのLingoです。


皆さんは、ずっとやってみたかったこと、まだしていないけど、気になっていることなどございますか?


私は、ずっと昔に観た「フリーダ」という映画のワンシーンで、主人公であるメキシコの画家、フリーダ・カーロが部屋の壁に字を直書きしているシーンを見て、心が躍りました。

「いつか、あんなふうにしてみたい!」と…。

それから、ずっと、壁に直書きをすることが、いつかやってみたい憧れのことになりましたよ。


すぐは、できませんでした。
お家の壁は、そもそも壁自体がクロスですし…。

だから、ずっとずっと憧れていました。

それから、だいぶと年月が経ち、ショップをオープンしてから、字を書ける壁が、手に入りました。


でも、私は字が下手くそで、ショップの壁に書くなんてとんでもない!


自分だけでなく、皆さんにもご覧いただく場所になるので、綺麗に書けないのならダメ!と思い込んでいました。


そこで、カリグラフィーの体験レッスンを受けたのですが、すぐに、私には合わないと断念。


なので、字を書く壁は手に入ったものの、結局のところ、書けずにずっと直書きすることに憧れているだけでした。


どうしようかな?と頭の片隅にあったまま、また月日が流れました。


Lightのショップは、ほぼ白の壁ですが、アトリエ部分の壁だけ黄色です。


なぜ黄色にしたのか?
金運アップを狙ったのでしょうか?(笑)
黄色にした理由は、あまり覚えていないのですが、おそらく、そのときの気分なのだと思います。


ある時期、その黄色の壁にだんだんと違和感を感じ始め、もっと大人っぽくしたくて、グレーに塗り替えようと思いました。


このタイミングです!


どうせ塗りかえるのなら、あの憧れの「壁に直書き」をやってみよう!

失敗しても、気に食わなくても、どうせ塗り替える。

よし今だ!と…。


絵の具なんていい、ここにある油性マジックでいい。
字が下手だっていい。
どうせ少ししたら塗り替えるのだから…。


そして、そのときに大好きだったメッセージを書きました。


ずっとずっと憧れていた「壁に直書き」、ミッションクリアです!

最高に嬉しい気分でした。
とっても字は下手くそですが…。


そしたら、あら不思議!

違和感のあった黄色の壁に文字が入ったことで、その壁がとても愛おしい存在になりました。

違和感を感じるどころか、その黄色い壁が大好きになったのです。


今もアトリエの壁は黄色のままですよ。



ずっと憧れていたことをひょんなキッカケで挑戦したことで、違和感を感じていた壁が大好きな黄色い壁になったことは、私にとって、とってもミラクルです。



皆さまも、ずっと憧れていることや気になっていることに挑戦されると、ミラクルが待っているかもしれませんよ。



ぜひ、そのときのタイミングで、いろいろな挑戦をお楽しみくださいませ。



それでは、また来週。

ウキウキと楽しい1週間を…。







そのときに書いたメッセージ

There are only two ways to live your life.

One is as though nothing is a miracle.

The other is as though everything is a miracle.


      Albert Einstein


人生には、二つの道しかない。

一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。

もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

アルベルト・アインシュタイン

CREATOR PROFILE

Lingo(リンゴ)・Light(ライト)
糸を編んでアクセサリー、ジュエリーを製作しています。 2016年アクセサリーブランド『Light』スタート 2017年アクセサリーショップ『Light』オープン 音楽が大好きです。 その時々にハマっている曲を大きめのボリュームで聴きながら、製作に没頭することが最高に幸せな時間です。 毎週木曜日投稿予定です。 Light公式サイト
  • Instagram

PICK UP